自分自身と大切な人のために1年に1回のがん検診

住んでいる地域でも健康診断のお知らせが来ますし、会社に勤めていれば、毎年指定の健康診断を受けることになります。自分自身のためでもありますし、大切な家族のためにも、年に一度は健康診断を受けることが望ましいです。ある一定の年齢を過ぎたら、一般的な健康診断に加えて、精密検査でのがん検診を受ける割合も増加してきます。データによれば、日本人の2人に1人は、その生涯において、がんに一度はかかると言われています。

若いうちには健康にも自信がありますし、他人事かもしれません。しかし年齢を重ねると、それこそ他人事ではない病状となってくるのです。死亡原因でいっても、理由の上位にがんがあります。検診受診率では、大腸がんや肺がんの検査を受ける割合は多いです。

女性では、子宮がんや乳がんの検査を積極的に受ける傾向にあります。また、前立腺がんや胃がんの検査を受ける人もいます。がん検診を受ける、受診の割合率が50%以上になると、がんが原因の死亡率が低下していくという説もあるほどです。精密検査では、がんの早期発見が可能なため、早期に治療をすることができるからです。

先進国や欧米諸国では、がん検診を受ける割合は、60%以上という優秀さです。そのため、がんが理由の死亡率も減少している傾向にあります。がん検診を受けることで、がんを早期に発見しすることができます。そうすれば、がんの死亡率も、減少させることはできますから、確実な方法とも言えるでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*