子宮がんや乳がんの予防にがん検診の受診が有効です

近年増加の傾向がある婦人科の病気として、乳がんや子宮がん、卵巣がんなどがあります。深刻的に増加していると言えるものに、20代の子宮がんの患者の増加といえる状態になっており、従来までは30歳以上ががん検診の対象者であったものが、20代から検診の受診の対象へと年齢が引下げられています。子宮がんの種類の中でも、閉経前の女性に多くみられるものとして子宮の入り口の近くに腫瘍ができる子宮頸がんというものがあります。子宮頸がんの原因は性交渉をおこなったときに感染すると考えられている、ヒトパピローマウイルスが大きく関係していると言われています。

このウイルスに感染することによって、若年層の子宮頸がんが増加していると考えられており、がん検診を受診することで死亡率を引き下げる必要があります。一方で、欧米で多い病気として知られていた子宮体がんについても、日本人女性の中で増加している傾向が見られています。子宮体がんが増加している原因としては、食生活や生活習慣の欧米化があるのではないかと考えられています。卵巣がんは子宮がんと比較すると少ないと言える病気に該当しますが、発見されたときには進行している状態と言えますので、がん検診によって早期に発見することが大切になります。

女性が気を付けなければならない病気には、乳がんもあります。働き盛りと言える女性の死因第一位と言えるものとなっており、自治体によっては乳がん検診も実施されています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*