がん検診は厚生労働省において推奨されています

一般健康診断には胸部レントゲン検査を除くと、がん検診の項目として含まれているものがほとんどありません。がん検診では病気の発症率が高くて死亡率に関しても上位に位置づけられているがんについての、早期発見が有効となっており、胃がんや大腸がん、肺がん、乳がん、子宮頸がんの5種類については早期発見に有効であることが証明されています。厚生労働省においても、この5種類のがんについて健康診断のガイドラインの作成を行っており、検診の有効性を示しています。人間ドックを受診する際には、女性の場合には乳がんや子宮頸がんの検診についてはオプションとして選択することになります。

厚生労働省が有効性のある検査方法として勧めている検診の検査方法としては、胃がんについては胃透視検査、大腸がんについては便潜血検査、肺がんについては胸部レントゲン検査、乳がんについてはマンモグラフィー検査、子宮頸がんについては子宮頸部細胞診となります。国立がんセンターにおけるがん検診の場合では、胃がんでは上部内視鏡検査、大腸がんの場合には下部内視鏡検査、乳がんの場合にはマンモグラフィー検査と乳腺超音波検査を組み合わせたもの、子宮がんの場合には子宮頸部細胞診と経膣エコー検査といったような、厚生労働省が推奨しているがん検診のガイドラインと比較しても内容的に進んだものとなっています。国立がんセンターが推奨している検査方法は、今後がん検診として導入される医療施設も増加していくことになります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*