がん検診を受けることの重要性

がん検診を受ける事は、生命に関わる重大な病気を早期発見に繋げることができ、早期治療を行う事により完治を目指せます。日本人の食生活が外食や増えるにつれがん患者が増加してきました。年々がんを発症する世代も低下をし始め、若年性のがんは進行が早いのが特徴です。女性の場合は特有の子宮頸がんや卵巣がん、乳がん患者が増えていて、二十歳を超えたら定期的に受診することが大切です。

検査方法としては、乳がん検診の場合は40歳を目安に検査方法が変わり、40歳以下の場合は乳房内の乳腺が発達しているため、乳腺エコー検査とマンモグラフィー検査の両方を行います。40歳を超えている場合、乳腺の発達が安定しているためマンモグラフィー検査だけでも精度の高い結果を得られます。子宮がん検診ではがんが発生しやすい子宮の部位から直接細胞を採取し、病理検査を行う事によってがんの早期発見と共にがんになる前の状態を察知できます。経膣エコーを利用する場合は、卵巣の状態もチェックできます。

痛みが無いので体への負担が少ないので、受診しやすい検査です。がんは初期の段階では自覚症状が無いため、早期発見が難しくなっています。自覚症状が現れた頃の発見は、病期が進行している事があります。がん検診は過去の病歴や健康問題を考慮し、一年から二年に一度受診することが大切です。

定期的な検査が病気の早期発見を可能にします。定期的に受診することによって体への負担を少なくできます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*