咳が止まらないときは表参道の内科で診てもらう

風邪をひくと咳が出ることがありますが、いつまでも長引く場合は市販薬に頼らず、お医者さんに診てもらった方が良いでしょう。表参道には内科が多いので、仕事や買い物の帰りに立ち寄り、咳が止まらない理由を検査で調べることをおすすめします。ただの風邪ならそれほど問題はないのですが、喘息や結核、肺がんなどの重い病気でも咳が出るので、油断しないことが大切です。咳は、風邪のウィルスが原因で出る場合もありますが、外出中にほこりや煙を吸い込んだときや、食べ物などの異物が体内に入った場合に、防御反応として、肺や気管支を保護するために出ます。

気道にたまった痰を出して、粘膜を守るときも咳が出ますから、一種のクリーニングの役割があります。咳の原因の多くは風邪ですが、それが3週間以上続く場合は、別の病気を疑った方が良いので、表参道の内科で診察を受け、適切な治療を行うようにしてください。胸部X線検査や血液検査を受ければ、肺炎や結核などの感染症にかかっているかどうかがわかるので、感染が判明した場合は、抗生物質などを使えば治ります。また普段からタバコを吸っている人で、長期間咳が続く人の場合は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の可能性があります。

この場合は気管支拡張薬や吸入ステロイドなどで治療を行いますが、タバコを吸い続けると治らないので、禁煙をしなければなりません。表参道の内科で診察を受け、咳の原因が判明したら、必ず医師の指示に従うようにしてください。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*