AEDを購入するにあたり知っておきたいこと

近年では様々な場所でAEDを目にするようになってきました。それに伴いAEDの価格もリーズナブルになってきていると言えます。中には個人で購入している人も多く、このような人たちは家族や本人に持病があり、早急にAEDの検討を始めなければならないケースも多く見られます。購入するにあたり何か資格が必要なのかと思う人もいるかもしれませんが、特に個人や法人を問わず必要ありません。

誰もが購入できるということです。どこから買えば良いのか、いくらぐらいかかるのかなど様々な心配があるかもしれませんが、方法は買取とレンタルが一般的な方法です。買取は一括で買う物、レンタルは月払いの分割払いで借りる方法です。レンタルに似た方法としてリリースも存在しますが、リースの場合には基本的には法人しか契約することはできません。

AEDの価格としては相場が20から35万円ほど、レンタルは4500から6000円ぐらいが相場となっています。購入方法や、機能、維持費などによっても異なるので、まずは確認が必要です。そして購入価格だけではなくランニングコストがかかることも忘れてはなりません。本体の他に主要のパーツとなる電極パッドやバッテリーなどには期限が存在し、設置するのであれば交換も必要になります。

電極パッドは一つ1万円弱ほどで、約2年に1回は交換が必要です。バッテリーは四年に一回ほどの交換で3万5000円ほどかかるでしょう。機種によって機嫌や値段は異なるものの、検討する場合には初期費用だけではなく、ランニングコストについても確認する必要があります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*