AED導入の仕方による価格の比較

突然の心肺停止など、万が一の事態を考えた場合に備えておくと安心なのがAEDです。AEDは、導入の仕方にいくつかの種類があります。それぞれに価格の違いやメリットデメリットがありますので、使い方に応じた導入方法を検討することが大切です。価格の面で最もメリットが大きいのは、購入です。

長期間の設置を前提として導入するなら、初期費用はかかりますがトータルでの価格は最も安くなると考えてよいでしょう。一方で消耗品などの管理や買い替えなどの手配も自分で行うことになりますので、いざ必要な時に使えないといったことがないように定期的なチェックをすることが大切です。レンタルでは、月々の利用料金が一定である点がメリットといえます。消耗品などの交換費用は利用料金に含まれている場合が一般的ですし、交換時期についてもレンタル会社が管理してくれていますのでいざという時に故障しているという心配がありません。

AEDはいつ使うことになるかわからないものですので、プロの視点で常に管理してもらえるのは安心です。デメリットとしては、長期間利用する場合には購入よりも費用がかさんでしまうという点が挙げられます。リースという選択肢も、あります。レンタルは会社側が用意したものの中から選ぶのに対して、リースの場合は希望する新品を利用できるという点がメリットでしょう。

一方でリース契約を結んだ場合は中途で解約できないことがありますので、利用期間を確認する必要があります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*