腱鞘炎とは、原因と症状、治し方

身体を動かす時は骨の関節が動きます。この関節を動かしているのは筋肉ですが、筋肉に力を伝える役目は腱がしています。腱は筋肉と骨が結合している部分にある軟部組織としては比較的硬い繊維質です。この腱は動作時に骨から離れ浮き上がらないように腱鞘というトンネルの中を通っています。

この腱と腱鞘の間に炎症が起こることを腱鞘炎といいます。主に手の指や手のひら、手関節、肘などにおこります。症状は指や手首、肘を動かした時に痛みが生じます。動かさないと痛みが起こらないのが特徴です。

この腱鞘炎の原因は使い過ぎです。関節などのリウマチなどの病気を除いては、使い過ぎによる腱と腱鞘の間の機械的な摩擦による炎症が原因です。日常の家事、ペンで絵や字を長時間描いた時、最近はスマートフォンやゲームのやりすぎなどで起こります。また女性の場合は出産や更年期などの女性ホルモンの変化する時期になりやすいとも言われています。

本人が持っている筋力に対して、大きな負担が長時間起こることで発生するので男性より女性の方がなりやすいとも言われています。治療は安静にする動かさないことです。いきものには自然治癒力があります。できるだけ動かさないようにして安静にしていれば痛みはなくなります。

病院を受診すると炎症を抑える薬や痛み止めが処方されます。これらを飲んで安静にすることが治ります。それでも治らない場合は外科的な手術が必要です。炎症を起こしている部分の腱鞘を切開し治癒させます。

しかし腱鞘炎は予防もできます。指や肘に違和感を感じた時など、できるだけ安静にすることで悪化させず治すことができます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*