頭痛外来を設けている医療機関があります

数多くある医療機関の中には、頭痛外来を設けているところがあります。日本人の多くには、頭痛に悩まされている人がいます。頭痛の症状によっては、軽視することができない病気の症状となっている場合がありますので、頭痛外来で専門の医師による診療を受けられてはいかがでしょう。頭痛は、慢性頭痛といわれる一次性頭痛と、病気の症状のひとつと考えられる二次性頭痛とに分けられています。

頭痛外来に訪れる人の多数は、一次性頭痛のなかの緊張性頭痛と診断されていることが多いといわれています。この緊張性頭痛は、身体的や精神的なストレスの影響が主な原因とされています。一次性頭痛には、片頭痛や群発頭痛と呼ばれるものもあります。また、二次性頭痛として脳の疾患が多くみられるようです。

例えば、脳出血や脳腫瘍、くも膜下出血や髄膜炎、慢性硬膜下血腫などがあげられます。これらの病気は、頭痛の症状にそれぞれ特徴がありますので、注意が必要になります。特に一次性頭痛と診断された人は、病気の症状である二次性頭痛と気がつかないことが多いため、少しでも異変に気づいたら医師の診療を受けるのがいいでしょう。頭痛外来では、医師による詳しい問診が行われて、血液検査や尿検査、CTやMRI検査などが必要に応じて実施されています。

頭痛の症状だけで、医療機関に足を運ぶのを躊躇されていた人は、専門の医師が診療を行っている頭痛外来へ、足を運ばれてはいかがでしょう。AEDの機能のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*