頭痛外来では何をするか

頭痛外来は近年できたばかりの外来です。今までは頭痛が起きても我慢をしたり、市販の鎮痛薬に頼ったりすることが多かったのですが、頭痛には危険なものも含まれているため、頭痛専門の頭痛外来ができました。頭痛外来は内科、脳神経外科、心療科、精神科などの医師が担当しています。これは頭痛の原因がストレスから来たり、気候や気圧の変化から来たり、病気からきたりとさまざまだからです。

主に診ているのは内科と脳神経外科ですが、連携をしているので、症状があった場合はすぐに紹介してもらえます。頭痛外来ではまず病的なものが隠れていないか、CTやMRIなどをとります。血圧検査や血液検査も行い、病気でないとわかると、内科的治療が開始されます。頭痛には片頭痛や群発頭痛、緊張型頭痛などがあり、症状の出方も人それぞれです。

そのため問診を丁寧に行い、どの頭痛か把握をするようにしています。頭痛の際、市販の鎮痛薬を飲み過ぎたことによる薬物乱用頭痛になっていることもあります。そういう場合は薬のコントロールをする必要があり、定期的に頭痛外来に通う必要があります。現在では頭痛が起こる前に頭痛を感じないようにするような、予防的治療も行われています。

毎日薬を服用することによって頭痛をおきにくくすることができ、結果鎮痛剤を飲む回数を減らすことができます。頭痛はいつものことだから、と考えず、適切な治療を受けるためにも医療機関に相談することが大切です。AEDの価格のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*